2017/12/23

xPlane10をロースペックPCで操作してみた【1】

 
EYE_CATCH package

この記事を書いている人 - WRITER -

自転車の魅力に目覚め、ロードバイク、ミニベロは私の体力維持装置。またフィルムカメラ(Canon A-1, F-1)を使って、デジタルな毎日にアナログの感覚を注入。デジカメはGR2を愛用。【super.corsa.2017@gmail.com】

Super Corsa

この記事を書いている人 - WRITER -
(ELEPHANTでは必須ではない)

xPlane-11でなくxPlane-10をインストール

xPlaneは言わすと知れたフライトシミュレータです。緻密な地形、リアルな機体は遊び心をくすぐられます。ただ、コンピュータの要求スペックが高い(汗)。 ゲーム向け用途のパソコンなら問題ないと思いますが、私のようなEXCELやWORDをメインに使う用途のパソコンだと動作が苦しそう…でもやってみたい。そこで、最新版ではないxPlane10をインストールして操作感やCPU負荷率を調べてみました。

【各バージョンの推奨スペックと評価パソコンのスペック】

xPlane-11 xPlane-10 評価パソコン
CPU Core i5 6600K以上 Quad Core 3GHz以上 Core i5-3470 @3.2GHz
RAM 16GB以上 4GB以上 8GB
GPU GTX1070以上 VRAMは最低4GB、8GB推奨 DirectX10以上に対応したVRAM1GB以上の3Dグラフィックスカード AMD Radeon 5450 512MB

インストールに時間がかかる!

DVD 8枚組のパッケージで、1枚目から順にインストールを行っていきます。 まずはインストール先をどのドライブにするか…評価パソコンではCドライブにSSDを使っており、データ保存用としてHDDを使っています。 X-Plane10は保存容量が多い(21~60GB程度)、SSDの空き容量を確保しておきたいという理由で、インストール先をHDDに振り分けました。

xplane-select_drive

次に決めるべきは地形データ(シナリー)のエリア選択です。初期設定は下図の通りで、この設定でインストールすると21GBのデータ容量が必要です。

xplane-map01

どうせなら全世界分をインストールしたいですよね。[SELECT ALL]ボタンをクリックすると、59.5GBが必要と表示されます。

xpalne-map02

いよいよインストール開始です。この間はパソコンから離れる訳にもいかず、だからと言って相当暇です。約2時間かかりますから、暇つぶしの準備をしましょう(笑)

ここで終わればよいのですが、DVD8枚目のデータをインストールした後に「アップデートを実行するか」のメッセージが表示されます。当然「YES」ですよね。でもこのアップデートが長い! LANの通信速度によると思いますが、今回の例だと7時間かかりました。電源オプションでスリープ状態にならないようにして、寝るなり出かけるなり…が必要です(苦笑)

入力デバイスの選択

CH Products、 Thrustmaster、 Saitek が有名なところかと思います。とりあえずはキーボードとマウスで操作できます。私の場合は、 ラジコンヘリのプロポに別途用意したUSBアダプターを接続しています。この方法は少数派かもしれません…。

controller

いよいよxPlane10を実行

まずは入力デバイスの設定が必要です。デバイス毎に設定が違いますので、ここでは記載を割愛します。 最初からインストールされている機体の他、XPLANE.ORG からダウンロードした機体でもフライトできます。今回は最初からインストールされている、ピアッジョ アヴァンティを選択しました。

take_off cokpit

 

Bボタンを押してブレーキを解除し、スロットルを上げて無事離陸しました。

take_off

次に低空飛行して地面の道路や建物を表示しつつ、CPU負荷率を確認しました。4コアの内、1つは高負荷ですが、全体的には問題ないレベル(安定的に40%を推移)でした。

low flying

CPU_LOAD 4core

まとめ

EXCELやWORDをメインに使う用途のパソコン(Core i5-3470@3.2GHz、8GB RAM)でもxPlane10は動作し、気分転換として十分に遊べます。ボトルネックはGPUでした。AMD Radeon 5450 512MBでは滑らかな動きとは言い難いので、 描写設定で負荷を下げました。

なお、別のパソコンで GeForce GTX 1050Tiを試しました。これなら描画負荷を高くしても問題ありませんでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
(ELEPHANTでは必須ではない)

Googleアドセンス

スポンサーリンク

Copyright© もろもろ備忘録ブログ , 2017 All Rights Reserved.