2017/12/23

OCNモバイルは通話とWiFiスポット利用がお得!

 
SIM_eyecatch

この記事を書いている人 - WRITER -

自転車の魅力に目覚め、ロードバイク、ミニベロは私の体力維持装置。またフィルムカメラ(Canon A-1, F-1)を使って、デジタルな毎日にアナログの感覚を注入。デジカメはGR2を愛用。【super.corsa.2017@gmail.com】

Super Corsa

この記事を書いている人 - WRITER -
(ELEPHANTでは必須ではない)

はじめに

街中で楽天モバイルやY!mobileの窓口を見かけるようになりました。CMも良く流れていますね。なので、大手キャリア3社以外の認知度も上がっています。でも実際に契約している方はまだまだ少ないのでは。「安いかもしれなけど大丈夫?」という思い、よくわかります。

しかし高校生のほとんどがスマホを持つ時代、家族4人(私、嫁、子供2人)の通信費2~3万円はあり得ない! そこで子供がスマホを持つ前にドコモを解約して、「OCN モバイルONE」を使い始めました。今は嫁も使うようになり、夫婦の携帯代は合わせて4~5千円/月です。子供2人が使いだしても1万円以内に収まりそうです。

この辺りも含めて、実際の使用状況を記事にしました。

どこの会社(MVMO)と契約するか

ICT総研の「MVNO格安SIMの市場動向調査(2017年6月2日)」によると、1万703人に対するWebアンケートのうち、格安SIM利用者は1024人。まだまだ少数派ですね。

スマートフォンに格安SIMを挿して利用しているユーザーの回答を集計した結果、各社のシェアは以下の通りです。

1位 楽天モバイル 20.9%
2位 OCNモバイルONE 13.1%
3位 mineo 12.8%
4位 IIJmio 11.2%
5位 UQモバイル 7.6%

 

各社でサービス内容が少しずつ違い、料金も少しずつ違います。正直、どれにするか迷うのではないでしょうか。 結局、「どのMVNOが良いかは使い方によって決まります」ので、貴方の譲れないサービスを決めるのが早道です。 使い始めると、よほどの事がない限り変更するのは面倒なものですしね。

なお、スマホ本体の選択がぐっと広がります。AMAZONや楽天市場等で手軽に購入できます。注意点として、 海外メーカーのスマホを購入する際は、対応しているバンド(周波数帯)をチェックして下さいね。

【例:ドコモ系のMVNOの場合】

・LTE (主にデータ通信で使用)

Band1 基本的なバンド
Band3 東京、名古屋、大阪等で使われているバンド。このバンドを使うと通信速度が速くなる場合あり。
Band19 プラチナバンドと呼ばれるバンド。郊外などで使われていることが多く、これに対応していることをチェックして下さい。このバンドに対応していないと、都市部以外で受信しにくくなる可能性があります。
Band21 地方都市の一部で使われている場合あり。対応していたらOKだし、対応していなくても問題ありません。

・WCDMA(主に音声通話で使用)

Band1 基本的なバンド
Band6 FOMAプラスエリアで使われています。FOMAプラスエリアは都市部の極一部のエリアと、郊外や山間部などで使われています。都市部に住んでいる方は不要のように思われますが、 旅行に行った時こそ、携帯電話は便利なものです。ぜひチェックして下さい。
Band19 現在ではほとんど使われなくなっています。

OCN モバイル ONEの使用状況

現在、SIMフリースマホ「Asus Zenfone Max(日本仕様)」を使っています。まだ、Zenfone3やZenfone4が発売されていない時に購入しました。 特徴は強力なバッテリーで、私の使い方だと充電は3日に1回で、電池切れの心配から解放されました。内部ストレージは16GBと少な目です。しかし、今の所は不具合はありません。

ZenPhoneMax
ZenPhoneMax_Memory

なお、SIMフリースマホを使えば、追加料金なしにノートパソコンやタブレット、Kindkeをテザリングできます。個人的にはこれが非常に便利です。

データ通信プラン

始めは OCN モバイル ONEの特徴の1つ、日次プランを契約しました。これは 110MB/日まで高速通信が出来て、その容量を超えたら低速通信(200kbps)になります。

前提として「動画を見る際は、自宅の無線Wi-Fi、もしくは公衆無線LAN(Wi-Fi)を使う」が出来れば、 110MB/日をオーバーすることはありません。容量の繰り越しもできますので、さらにオーバーする心配はありません。

なお、公衆無線LANは 「DoSPOT」と「SECURED Wi-Fi」を追加料金なしで使えます

wifi Spot

この後、外出時にノートパソコンを使ってテザリングするするようになりましたので、契約内容を変更しました。 公衆無線LANを用いたテザリングだと問題ないですが、いつでもという訳には行きません。Windows10のノートパソコンを約4時間デザリングすると、約700MBの通信になります。(動画を見たり、アップデートがあるともっと増えると思います) この場合、日次プランの110MB/日だと対応できません。 とりあえず 3GB/月コースを利用しています。デザリングの頻度は低いし、容量の繰り越しもありますので使用制限容量に達したことはありません。

改めて書きますが、「自宅では無線LANを使う」が、大切なポイントです。

音声通話プラン

850円で10分以内の通話がかけ放題の「OCNでんわ 10分かけ放題オプション」を使っています。私の場合、 ほぼすべての通話が10分以内なので、これは本当に助かります。

あと、050plus(IP電話)が基本料金無料で使えます。当面使わないとしても、これはぜひ申請しておきましょう。 普段は全く使いませんが、海外に行った時にポケットWiFI経由等で使った経験があります。

実際にIP電話シンガポールのチャンギ空港で使いました。発信・受信とも問題なく使えました。 通常の音声通話を海外で行うと高額な通話料となりますが、 IP電話だと国内使用と同じ通信費なので安心です。

あと、IP電話をパソコンから利用するWindowsソフトも提供されています(発信・受信可)。実験的にしか 使っていませんが、スマホによる通話より音声品質は良いです。

050plus

困ったと言えば…

ドコモからの変更に際して、MNP(ナンバーポータビリティ)を使うと、電話番号の変更はありません。なので友人や知人に迷惑はかかりません。

しかしメールアドレスは変更になります。この通知は手間がかかりました。Gmailを使い始めたのですが、たまにGmailを受信拒否設定の方もおられます。この点はSMSを活用する等の対応が必要です。

また、通常ならドコモショップ等に持ち込んで対応していた不具合を自分で解決する気概が必要です。

まとめ

3年前、20年以上使ってきたドコモの契約を打ち切り、OCNモバイルONEに乗り換えました。夫婦の携帯代は合わせて4~5千円/月で非常に助かっています。安い分、自分で対処すべきことも増えますが、長年付き合うことを考えれば、節約効果の方が大きいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
(ELEPHANTでは必須ではない)

Googleアドセンス

スポンサーリンク

Copyright© もろもろ備忘録ブログ , 2017 All Rights Reserved.