2017/12/23

フィルムカメラをおすすめする理由は心に響くシャッター音

 
Film Camera

この記事を書いている人 - WRITER -

自転車の魅力に目覚め、ロードバイク、ミニベロは私の体力維持装置。またフィルムカメラ(Canon A-1, F-1)を使って、デジタルな毎日にアナログの感覚を注入。デジカメはGR2を愛用。【super.corsa.2017@gmail.com】

Super Corsa

この記事を書いている人 - WRITER -
(ELEPHANTでは必須ではない)

はじめに

スマホ・デジタルカメラ全盛の昨今、フィルムカメラの良さに魅かれる人が増えています。デジカメと比較して鮮明すぎないところに自然さを感じますよね。デジタルな毎日にアナログの感性が求められていると言えます。…ということで、思い立ったように家に保管されているフィルムカメラをごそごそと取り出してきました。

ちなみに、別の記事でリコーGR2の紹介をしています。「フィルムカメラの記事を書きながら何たるとこ!」と思わないで下さいね。それぞれの使い方があるとご理解下さい。

  • キヤノン AE-1

1976年に発売された世界初となるマイクロコンピュータ(テキサス・インスツルメンツ社製4ビットCPU)を 内蔵したAE一眼レフカメラ。(アイキャッチ画像の奥側中央)

  • キャノン A-1

1978年に発売された一眼レフカメラ。A-1は キヤノンAE-1の上級・高機能機種として発売された。 5つのAEモードと全速電子シャッターが特徴。(アイキャッチ画像の奥側右)

  • キャノンEOS REBEL S

EOS Kissシリーズの北米輸出品。1990年発売。デジカメ時代幕開けの少し前で、入門機とは言え、なかなかの完成度。(アイキャッチ画像の奥側左)

ホコリ&湿気対策はちゃんとしていましたが、約20年ぶりの御開帳です。20年前、業者にメンテナンスを 依頼した時から「AE-1は修理不可」でした。なので、今回は「A-1」と「EOS REBEL S」の動作確認です。

電池購入から

 

battery for LR44

A-1の電池は4LR44。当然コンビニにはなく、近所のカメラのキタムラに行きました。すると「数年前に製造中止になりました」との 事(ガーン)。同型・高性能の4RS44は販売されていましたが、2,800円/個となかなかのお値段。店には悪いですがネットで探すことにしました。ネットで4LR44はあったものの、6個以上のセット売り…。 さらに検索した結果、LR44電池を4つ直列につなぐアダプターを購入しました。アダプターは1,600円でしたが、LR44電池は120円/個くらいなので助かります。

EOS REBEL Sの電池は2CR5で、これはちゃんと売られております。Panasonicの電池を購入しました。何気なく製造国をみると Made in USA。このような電池を使う、今となっては大き目のカメラの市場はアメリカなんでしょうかね。

電池を挿入して、懐かしのシャッター音を楽しむ

電池を入れてドキドキの動作確認。無事、懐かしのシャッター音を奏でました! デジカメの電子音に慣れてしまっているので、 当時は特段何も思わなかったシャッター音ですが、改めて聞くと心に響きます。

  • キャノン A-1 のシャッター音

  • キャノンEOS REBEL S のシャッター音

 

まとめ

スマホ・デジタルカメラ全盛の昨今ですが、思い立ってフィルムカメラを触ってみました。電池を入れて、無事、懐かしのシャッター音を奏でてくれました。心に響く良い音…と思ったら、この世界にどうぞ。

この記事を書いている人 - WRITER -
(ELEPHANTでは必須ではない)

Googleアドセンス

スポンサーリンク

Copyright© もろもろ備忘録ブログ , 2017 All Rights Reserved.