私の愛読書 『かもめ☆チャンス 全20巻』

 
かもめ☆チャンス

この記事を書いている人 - WRITER -

自転車の魅力に目覚め、ロードバイク、ミニベロは私の体力維持装置。またフィルムカメラ(Canon A-1, F-1)を使って、デジタルな毎日にアナログの感覚を注入。デジカメはGR2を愛用。【super.corsa.2017@gmail.com】

Super Corsa

この記事を書いている人 - WRITER -

『かもめ☆チャンス』は2009~2013年に出版された玉井雪雄さんの作品です。

第1巻の帯には、

父子家庭の父で、信用金庫勤めのサラリーマンである更科二郎が、とあるきっかけでロードバイクに乗り人生を変えてゆく自己再生ロードバイクストーリー

と書かれています。

この漫画の好きなところは、 大の大人がロードバイクの前では素になるというか少年になるところの表現です。

「少年になる」と書きましたが、その中に大人の事情が織り交ぜられています。この面白さに共感して愛読書となりました。

ストーリーが進むにつれて大きなレースに出場していきます。しかしレースの勝ち負けでなく、出場選手やサポーターなどの関係者の各々の「想い」が随所に書かれていて、これがとても面白いのです。

初めてロードバイクを手にした頃、部屋でバイクを見ながら何度も「かもめ☆チャンス」を読んでいました(笑) 主人公が社会人なので、その部分での共感も大きかったように思います。

ロードバイクを始められた方の参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Googleアドセンス

スポンサーリンク

Copyright© もろもろ備忘録ブログ , 2017 All Rights Reserved.