2017/12/21

【eo光ネット1ギガコース】回線速度の安定化対策

 
WirelessLAN

この記事を書いている人 - WRITER -

自転車の魅力に目覚め、ロードバイク、ミニベロは私の体力維持装置。またフィルムカメラ(Canon A-1, F-1)を使って、デジタルな毎日にアナログの感覚を注入。デジカメはGR2を愛用。【super.corsa.2017@gmail.com】

Super Corsa

この記事を書いている人 - WRITER -
(ELEPHANTでは必須ではない)

はじめに

2011年にeo光(100Mコース)を契約しました。その時は家族で私しかネットを使わなかったので  100Mコースで十分でした。現在は息子もパソコンを使うようになり、また複数のスマホによるWiFi接続、ゲーム機、レコーダー、TVのネット接続により、回線速度の低下が無視できなくなりました

さらには私の自室(2階)は無線ルーター(1階)と距離があり、10Mbpsを下回るありさま。

eo_100M

【100Mコース契約時】自室での回線速度

 

そこで1Gコースへの契約変更、及び機器の変更を行い、10Mbps→127Mbps(@私の自室)に高速化&安定化しました。

eo_1g_01

【1Gコース契約時】自室での回線速度

 

なお、無線ルーターのすぐそばに移動させると295Mbpsでした。

eo_1g_00

【1Gコース契約時】無線ルーター間近での回線速度(無線LAN)

 

ちなみに、有線LANによる接続では1Gに近い回線速度が得られます。

wire_lan_750

本記事では無線LANでの回線速度の高速化&安定化のポイントをご紹介します。

eo光の契約を1ギガコースに変更

eo光のホームページにアクセスして、ホームページ上で手続きを行いました。ONU(光回線終端装置)が1G対応でしたので、 約1時間後(深夜の手続きなら翌朝7時)に電源を再投入すると、あっさりと1Gコースになりました。

無線ルーターの選択

eo光では 103円/月で無線ルーターのレンタルサービスがあります。無線ルーターの仕様を考慮するととてもリーズナブルです。しかし、 下記の理由(わがまま)で、自前で無線ルーターを用意することにしました。

  •  レンタル品には外部アンテナがない。家の構造に合わせて電波の飛ぶ方向を調整したい
  • レンタル品にはUSBポートがない。USBポートにFlashメモリーを挿入して、共有ドライブを設定したい

これらを満たしていたのが「BUFFALO WXR-1750DHP2」でした。

WXR-1750DHP2

普通に使うなら、「無線LANの接続設定」と「eo光への認証IDとパスワード」を設定するだけです。検討を要するのは「3本のアンテナの向き」と「無線ルーターの設置方向」によって、電波を家全体にカバーさせることです。これをきっちりしておくと、高速化だけでなく安定化に貢献します。

いろいろネットで調べましたが、ナンデモ堂本店-ナンデモかんでも紹介ブログの「無線LAN親機 – 正しいアンテナの角度と本体の向きとは?」が参考になります。

さらに徹底的にコダワリたい方は、アンドロイドアプリの「Wifi Analyzer」も役に立ちます。

Wifi Analyze

 

パソコン側の無線アダプター

冒頭で記載した通り、私の自室はどうしても無線ルーターと離れてしまいます。それ故、無線アダプターの受信感度を上げておきたい…よってアンテナ付きの「エレコム  WDC-433DU2HBK」を購入しました。

WDC433DU2HBK

銀色の短いUSBケーブルで、アンテナの方向を自由に調整できるようにしています(注:付属していません)。アンテナの垂直方向に無線ルーターがあります。

折角の1G対応、混線の少ない5GHz帯域で高速化&安定化したいですよね。 しかし、2.4GHz帯域と比較して5GHz帯域は障害物に弱いです。その意味でもアンテナ付きアダプターは 価値があります。

まとめ

無線ルーターとパソコンが離れている場合は、「無線ルーター、無線アダプター側もアンテナ付きを選び、電波の指向性を考慮して、各々のアンテナの向きを調整する」 ことが高速化&安定化に貢献します。アンテナ付きにより少しお高くなりますが、今後何年も使う機器ですので、価格アップ分の価値は十分あります。

この記事を書いている人 - WRITER -
(ELEPHANTでは必須ではない)

Googleアドセンス

スポンサーリンク

Copyright© もろもろ備忘録ブログ , 2017 All Rights Reserved.